HOME>開催中の展覧会

開催中の展覧会

■ 展示室1
月岡芳年「月百姿」展
■ 展示室2
落合芳幾「今様擬源氏」展
■ 小林朝治記念室
創作版画誌コレクション 展
■ 平塚運一版画美術館
色あざやかな多色木版画特集 展

※休館日・料金については、展示内容によって変更される場合があります。

開館
時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料

300円、中学生以下無料、20名以上の団体は2割引

次の方は入館無料となります。ご入館の際受付にお申し付け下さい。
○ 須坂市内にお住まいの70歳以上の方
○ 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

休館日

水曜日、
年末年始(12月26日~1月3日)
 (展示替えなどによる臨時休館がある場合があります)

展示室1

月岡芳年「月百姿」展

会期:2017年9月28日(木)~ 12月25日(月)

月岡つきおかよしとし(1839-1892)は、幕末から明治前期にかけて活躍した浮世絵師です。1850(嘉永3)年、12歳で当時の人気浮世絵師・歌川うたがわ国芳くによしに入門し、1860(万延元)年頃より本格的に絵師として活動を始めました。過激な血の表現を用いた、いわゆる「血みどろ絵」をはじめ、歴史絵や美人画、役者絵、古典画などの多種多様な浮世絵を手がけ、各分野において独特の画風を見せながら、明治へと移り変わる激動の時代の中で、鮮烈な作品の数々を生み出しました。浮世絵が需要を失いつつある時代にあって、最も成功した浮世絵師であり、門下からは日本画家と洋画で活躍する画家を多く輩出した『最後の浮世絵師』と呼ばれています。画家としての活動は約33年間。その間に描かれた題材は500以上あり、芳年の生涯の制作作数は1万にも及び、葛飾北斎に次ぐ多作家でした。

展示室2

須坂版画美術館

落合芳幾「今様擬源氏」展

会期:2017年9月28日(木)~ 12月25日(月)

落合おちあい芳幾よしいく (1833-1904)も、芳年と同じく歌川国芳に入門し活躍した浮世絵師です。一時は浮世絵師として芳年と人気を二分するほどでしたが、後に新聞人として、また挿絵画家として作品を発表し、新聞の発行にもかかわりました。開化的なものに関心があり、横浜絵などを描いた点は芳年とは異なりますが、国芳譲りのダイナミックな構図や色使いは、どこか芳年と同じ印象を受けます。1861(文久元)年に国芳が没し、芳幾は遊女屋風俗などを描き、芳年とともに幕末から明治初期にかけての浮世絵師の第一人者となりました。芳年の「月百姿」と合わせて幕末の浮世絵師たちの競演をお楽しみください。

小林朝治記念室

創作版画誌コレクション 展

創作版画誌コレクション 展

会期:2017年10月26日(木)~2018年1月28日(日)

 須坂の版画家・小林朝治が収集した版画誌コレクションを展示します。朝治が版画制作に情熱を傾けた1930年代は、日本各地で版画の雑誌“版画誌”が生まれた流行期でした。雑誌といっても、ほとんどはグループの会員(同人)の作品をページに貼りこんだ手作りの素朴なもので、部数も多くはありませんでした。しかし雑誌は、オリジナルの作品を簡単に持ち運ぶことができ、全国の版画仲間と交換することで作品の発表、交流ができるという版画情報誌であり、すぐれたメディアだったのです。

平塚運一版画美術館

李王家の蘭(1946年、木版多色)

李王家の蘭(1946年、木版多色)

色あざやかな多色木版画特集 展

会期:2017年10月26日(木)~2018年1月16日(火)

 収蔵品より、平塚運一の多色木版画作品を特集します。多色木版画というと、日本人にとってすぐに思い出されるのは浮世絵版画ではないでしょうか。絵師・彫師・摺り師の三者分業制を用いていた浮世絵は職人の技が随所にちりばめられています。しかし、運一が昭和初期に全国各地で普及活動をおこなった「創作版画」は、「画家が自分で版画を彫って摺る」ことを標榜としたもので、浮世絵とは異なる強い作家の思いが彫刻刀やバレンから版木に伝わり、作品画面からあふれ出てきます。
今展では主に1930年から40年代に制作された多色摺り木版画を中心にご紹介します。運一による色鮮やかな版画世界をお楽しみください。

pagetop
Copyright(C)2004-2016 Suzaka City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved