HOME>開催中の展覧会

開催中の展覧会

■ 展示室1
版画のカレンダー
■ 展示室2
吉田穂高の壁
■ 小林朝治記念室
小林朝治と版画のなかま― 小林朝治と上野誠
■ 平塚運一版画美術館
日本の風景

※休館日・料金については、展示内容によって変更される場合があります。

開館
時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料

「三十段飾り千体の雛祭り」「五月人形菖蒲の節句」
開催期間の6月18日まで、人形博物館との共通券500円
6月19日~300円 
※中学生以下無料 
※20名様以上団体割引


次の方は入館無料となります。ご入館の際受付にお申し付け下さい。
○ 須坂市内にお住まいの70歳以上の方
○ 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

休館日

5月8日・9日
6月19日以降の水曜日

※休館日・料金については、期間・展示内容によって変更される場合があります。

展示室1

版画のカレンダー

川西英 昭和13年8月

版画のカレンダー

会期:2017年1月19日(木)~4月11日(火)

須坂の版画家、小林朝治が所蔵していた版画コレクションより、木版画のカレンダーを特集します。朝治も会員になっていた日本版画協会のメンバーたちが月替わりで制作を担当していたもので、当館では朝治のご遺族よりご寄贈いただいた昭和11年から19年までのカレンダーを所蔵しています。その中から、特に作者の個性があらわれているものをご紹介します。

展示室2

吉田穂高の壁

吉田穂高「赤の壁」1992年、亜鉛凸版・木版

吉田穂高の壁

会期:2017年1月19日(木)~4月11日(火)

木版画の新しい表現を切り拓いてきた吉田穂高(1926-1995)の、「壁」を描いた作品を特集展示します。国際性や伝統の問題、その土地に存在する命の存在、もしくは痕跡といった多くの課題を見る者に投げかけているような「壁」シリーズの作品たち。そこに流れる時間と空間、いま自分がそれを見つめているという現実を描いた吉田の作品をご覧ください。

小林朝治記念室

上野誠「海を越える鳩」(1969年、木版多色)

上野誠「海を越える鳩」(1969年、木版多色)

小林朝治と版画のなかま―
小林朝治と上野誠

会期:2017年3月8日(水)~7月30日(日)

 長野市出身の上野誠(1909-1980)は、労働者や農民、その時代に生きる人々のあたたかさをテーマに作品を制作した木版画家です。シャープな線の表現が魅力的で、須坂の版画家・小林朝治とも交流があり、版画集「櫟」にも数点の作品を寄稿しています。当館コレクションより、上野誠の作品と同時代の朝治作品を合わせてご紹介します。

平塚運一版画美術館

平塚運一「浅間早春」1942年、木版

平塚運一「浅間早春」1942年、木版

日本の風景

会期:2017年3月15日(水)~6月27日(火)

 戦前から版画講習会や、スケッチ旅行のため国内外の各地へと旅してきた平塚運一は、旅先で出会った風景を多くの木版画作品に仕上げています。
生命力を伝えようとした平塚特有の動きのある強い線や、各地で心動かされた風景をとらえて描いた日本の風景作品をご紹介します。

 

pagetop
Copyright(C)2004-2016 Suzaka City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved