HOME>開催中の展覧会

開催中の展覧会

■ 展示室1・2
風船画伯 谷中安規 展
■ 小林朝治記念室
小林朝治と版画のなかま― 小林朝治と上野誠
■ 平塚運一版画美術館
日本の風景

※休館日・料金については、展示内容によって変更される場合があります。

開館
時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料

中学生以下無料、
~6/18世界の民俗人形博物館との共通券500円、
6/19~300円(20名以上の団体は2割引き)


次の方は入館無料となります。ご入館の際受付にお申し付け下さい。
○ 須坂市内にお住まいの70歳以上の方
○ 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方

休館日

5/8、5/9、6/19+以降の水曜日
 (展示替えなどによる臨時休館がある場合があります)

展示室1

風船画伯 谷中安規 展

風船画伯 谷中安規 展

会期:2017年4月12日(水)~7月30日(日)

  ようこそ!安規ワールドへ!

 版画家・谷中安規(1897-1946)は、幻想と怪奇の木版画で知られ、明治末期から昭和初期にかけて数多くの個性的な版画家を輩出した創作版画運動にあって、とりわけ異彩を放つ作家の一人です。1930年代の東京を風船のように放浪していたことから「風船画伯」と呼ばれています。
 幻想世界の一方で、震災後の復興がもたらしたモダン都市・東京を描いた「街の本」、小説「王様の背中」では挿絵や装幀も手掛け、谷中ならではの光と影が織りなす幻想世界が作品にはちりばめられています。

 生誕120年を迎えた今年、当館コレクションより谷中作品を一堂に展覧します。現実とまぼろしを行き来するような、谷中の怪奇と妖気あふれる独創世界にぜひ迷いこんでみてはいかがでしょう。

小林朝治記念室

上野誠「海を越える鳩」(1969年、木版多色)

上野誠「海を越える鳩」(1969年、木版多色)

小林朝治と版画のなかま―
小林朝治と上野誠

会期:2017年3月8日(水)~7月30日(日)

 長野市出身の上野誠(1909-1980)は、労働者や農民、その時代に生きる人々のあたたかさをテーマに作品を制作した木版画家です。シャープな線の表現が魅力的で、須坂の版画家・小林朝治とも交流があり、版画集「櫟」にも数点の作品を寄稿しています。当館コレクションより、上野誠の作品と同時代の朝治作品を合わせてご紹介します。

平塚運一版画美術館

平塚運一「浅間早春」1942年、木版

平塚運一「浅間早春」1942年、木版

日本の風景

会期:2017年3月15日(水)~6月27日(火)

 戦前から版画講習会や、スケッチ旅行のため国内外の各地へと旅してきた平塚運一は、旅先で出会った風景を多くの木版画作品に仕上げています。
生命力を伝えようとした平塚特有の動きのある強い線や、各地で心動かされた風景をとらえて描いた日本の風景作品をご紹介します。

 

pagetop
Copyright(C)2004-2016 Suzaka City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved